Hateburo: kazeburo hatenablog

Operations Engineer / 運用系小姑 / Perl Monger

MySQLのprocesslistをgrep して killする myps コマンド

なんらかの理由で MySQLクソ重いクエリがたくさん流れてしまった場合、SHOW PROCESSLISTをみて、クエリをKILLするなんてことは、あったりなかったりします。

この時にクエリが数十個となると、手作業ではやりきれませんので、コマンドを駆使して対応することになります。

ちょっと前にやったのが以下のコマンド

/usr/bin/mysql --defaults-extra-file=/path/to/.my-other.cnf -NB -e 'SELECT GROUP_CONCAT(ID) FROM \
information_schema.PROCESSLIST WHERE STATE = "Creating sort index" AND TIME > 1000 AND INFO \
LIKE "select%example%"' | grep -v NULL | /usr/bin/xargs -r /usr/bin/mysqladmin --defaults-extra-file=/path/to/.my-other.cnff kill

mysqladmin killは複数個のidを受け取れるのでGROUP_CONCATが使うのがおしゃれですね

この手のコマンドでも使い慣れているし、その場にあわせて変更していけるという強みはあるのですが、流石になんとかしたいと思い、ちょっとしたコマンドを作りました。

myps

pgrep、pkillのようにprocesslistをgrepしてkillできることを目指しました。

github.com

ある程度作ってから、pt-kill ってのがあると教えてもらいました。そっちを使ってもいいかと思います。

www.percona.com

使い方

まず grep

$ myps grep --duration 0
ID:142  USER:root       HOST:localhost:59393    DB:     COMMAND:Query   TIME:57 STATE:User sleep        INFO:select  sleep(3600)
ID:150  USER:root       HOST:localhost:59814    DB:     COMMAND:Sleep   TIME:2  STATE:  INFO:
ID:145  USER:root       HOST:localhost:59800    DB:     COMMAND:Query   TIME:13 STATE:User sleep        INFO:select sleep(360)

select文のみにする

$ myps grep --duration 10 --info 'select%'
ID:142  USER:root       HOST:localhost:59393    DB:     COMMAND:Query   TIME:86 STATE:User sleep        INFO:select  sleep(3600)
ID:145  USER:root       HOST:localhost:59800    DB:     COMMAND:Query   TIME:42 STATE:User sleep        INFO:select sleep(360)

grepの条件は

-t, --time=                時間
-u, --user=               ユーザ
-d, --db=                  DB
-c, --command=            コマンド
-s, --state=               状態
-i, --info=                info(クエリ)

が利用できます。時間以外にはワイルドカードとして %_ が使えます。

killする際は

$ myps kill --duration 10 --info 'select%'
KILLED:142      USER:root       HOST:localhost:59393    DB:     COMMAND:Query   TIME:129        STATE:User sleep        INFO:select  sleep(3600)
KILLED:145      USER:root       HOST:localhost:59800    DB:     COMMAND:Query   TIME:85 STATE:User sleep        INFO:select sleep(360)

grepをkillに書き換えるとKILLクエリが発行されます。

出力はすべてltsvで、ターミナルでは色もつきます。見やすく、間違いにくくなるのではないかと思います。

f:id:kazeburo:20191216153706p:plain

実装

mypsは information_schema.PROCESSLIST を使っています。ワイルドカードが使えるのは時間以外はすべて、LIKE文を使って検索しているからなのです。

SELECT /* SHOW PROCESSLIST */ ID, IFNULL(USER,"") USER, IFNULL(HOST,"") HOST, IFNULL(DB,"") DB, \
IFNULL(COMMAND,"") COMMAND, TIME, IFNULL(STATE,"") STATE, IFNULL(INFO,"") INFO \
FROM information_schema.PROCESSLIST WHERE ID != CONNECTION_ID() AND IFNULL(INFO,"") LIKE ?

NULLは空っぽ文字列として扱ってます。このあたり使い勝手に影響するか、まだこれから使ってみないとわからないところです。

まとめ

使う時が限られる便利ツールは、いざという時に思い出さず、使い慣れたgrep awk xargsなどを組み合わせることになりがちですが、全てのDBサーバにいれて、ブログも書いたので、いざという時に使おうと思います。